不眠症 疲労感

不眠症

 

「眠れないんです」とでも言えば、病院では睡眠導入剤、安定剤などの薬が処方されます。

体質、原因を考えずにだいたい同じ薬が処方されます。

東洋医学では、寝れない原因を考え治療をします。

血虚、気逆、更年期、高血圧、鬱、不安症、イライラ、など不眠症と言っても漢方薬は各個人で違います。

お灸は自律神経を調節するのが得意です。不眠症の方は交感神経優位の方が多いと思います。

そこをお灸でバランスを整えます

そしてお灸、漢方薬共に副作用はありません。

病院で処方される薬を服用する前にお越しください。

​特に睡眠薬は依存しやすい傾向にあります。

何度も書きますが、西洋医学の限界を皆さん感じてください。

西洋医学では、慢性疾患は治りません。

​西洋医学の凄いところは、検査と、手術、救急治療です。

​健康にとってまず何よりも大切なのが、充実した睡眠をとることです。私の患者さんの殆どが睡眠症状の改善が見られています。安定剤、睡眠薬の服用量を減らす事ができますよ

​疲労感

誰でも忙しくしていると疲れるものです。沢山寝て疲れから回復すれば、病気ではありません。

慢性疲労の原因として、虚弱体質、血虚、気虚、睡眠不足、ホルモンバランスの異常などが考えられます。

お灸、漢方薬で、足りないところは補って、過剰なところは削って、体のバランスを整えましょう。

​女性では血虚が多いと思います。