痛み 炎症

痛み止め、ステロイドなどの抗炎症薬では痛みは治りません。

病院に行って腰痛、膝痛、頭痛、生理痛など、どんな痛みにも痛み止めが処方されます。

薬を服用して、痛みは消えるかもしれませんが、実際には治しているのではなく、痛みを隠しているだけなのです。

「痛み」って皆さん嫌ですか?

痛みは、傷ついた細胞にたくさん栄養を送るために血管が拡張しているときに起こる現象なのです。

生理的には治している過程になります。

痛み止め、ステロイドはこの体が治そうとしている過程をブロックし、痛みを抑えます。要するに体が治そうとしている過程を邪魔しているのです。

もし病院で痛み止め、ステロイドが処方されたら、「私には治せない」と言っているのと同じです。

薬を飲む必要はなく、私のところに来てください。

お灸、漢方薬でのアプローチ

関節の痛みに対しては、お灸で患部のツボを刺激し、血行をよくします。

2年間肩から肘が痛く、フキンを絞ることができなかった患者さん。

​3回ほどで治りました。以後、来院はされていませんが、毎日のストレッチを継続されていると思います。

その他の症状

 

いろいろな病名を書きましたが、本来の東洋医学治療は病名ではありません。

どんな症状でも是非一度ご相談ください。