胃腸疾患 

胃腸ってとっても重要です

 

いろいろな病気がありますが、まず何よりも大切なのは、胃腸から治すということです。

胃は後天の精、現代風にいうと栄養を吸収するところです。大腸は不要物を排泄するところです。この2つの器官は健康の源となります。

​胃痛

胃痛の原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、心の悩みなど原因は色々あります。

現代医学では胃痛と言えば、H2ブロッカー、制酸剤などが処方されますが、

漢方薬ではその方の、原因、体質によって胃痛薬も違います。

お灸治療では、胃の六灸、足三里などのツボを使います。

もし食べ過ぎ、飲み過ぎによる胃痛の場合は少し断食をすると良いです。

食欲不振

意外とこの症状は怖いです。

​病気の始まりとも言えます。食べ過ぎによる食欲不振なら何の問題はないのですが、普通に生活をしていて食欲が落ちてくるのは問題があります。一度ご相談をください。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の原因は、ストレスです。ストレスにより交感神経が優位となり便秘となります。

便秘が続くと今度は反射が起こって副交感神経が優位となり下痢がおこちます。

これを繰り返すのです。下痢はストレスを出そうとする作用なので、まず便秘を治す治療から始めます。

​自律神経を整えるのはお灸が効くと思います。3ヶ月で効果が現れてくると思います。お試しを。

便秘

便秘の原因としては、冷え、津液不足(体の乾燥)、ストレス、などが考えられます。

現代医学では、下剤が処方されますが、漢方薬ではこの病気の原因によて薬は違います。

大腸は、免疫にも関係しているので、いつも清潔に保つことが病気の予防となります。

​便秘は必ず治しましょう。

ポリープ 

ポリープ の原因は、またもストレス、水分代謝の異常となります。

漢方薬では二陳湯やヨクイニンの大量投与をします。

​ポリープ にも原因はあります。術前、または術後でも構いませんので、再発予防のためにも体質改善をした方が良いと思います。

その他の症状

 

いろいろな病名を書きましたが、本来の東洋医学治療は病名ではありません。

どんな症状でも是非一度ご相談ください。