​婦人科疾患

更年期障害

閉経の平均年齢は50歳ですが、その前後5年が更年期です。

全ての女性に閉経が起こりますが、更年期障害の症状は千差万別です。全く症状を感じない女性もいます。

 

更年期の症状は、多岐にわたりますが、おもな症状は次のようなものです。

冷え、めまい、のぼせ、ほてり、発汗、不眠、イライラ、不安感、頭痛、肩こり、疲労感、腰痛、

更年期障害へのお灸と漢方薬のアプローチとは?

更年期障害の一般的な治療法はホルモン補充療法ですが、日本では東洋医学療法も併用して治療が行われています。

お灸、漢方薬では、

 ・自律神経のバランスを整え、のぼせ、発汗、イライラ、不安感などを改善します。

 ・気血津液のバランスを整え、めまい、冷え、疲労感などの改善を行います。

 ・免疫に作用し、病気から体を守る力をアップさせます。

 ・緊張感を取り、幸福感が現れます。

子宮筋腫、子宮内膜症、月経困難症、生理不順

これらの多くの原因は冷えです。体が冷えることによって、於血が生じ、気血津液の流れが悪くなり、痛み、筋腫などの様々な症状を生じます。また冷えは、自律神経や女性ホルモンを乱し婦人科疾患を発症します。

於血は血が汚くドロドロした状態で、血行障害を引き起こします。この於血は色々な病気を引き起こします。東洋医学では、肩こり、頭痛、肌のくすみ、高血圧、貧血、脳血管障害、虚血性心疾患、痔なども於血が原因と考えています。よってこの於血を改善することはとても重要です。

お灸、漢方薬のアプローチは?

​冷えをとり、於血を改善させます。於血を改善することは、健康維持につながります。

於血のある人は、東洋医学を絶対にお勧めします。

​自律神経と女性ホルモンのバランスが崩れていることが多いので、バランスを整えます。