漢方薬の歴史

Gewürze

漢方薬の歴史

漢方薬とは生薬を組み合わせて作られています。もととなるのは、中国の伝統医学で、とても長い歴史があり、今から約3000年前の中国最古の医学書『黄帝内経』にはこの伝統中国医学について書かれていました。

伝統中医学は600年ごろ日本に伝わり、日本独自の発展をとげ、のちに漢方薬と呼ばれるようになりました。