top of page
  • 亜希 Bucher

うつ病と食事、運動




うつ病はセロトニンが関わっています。

現代医学のうつ病治療薬は脳内のセロトニンの量を増やす治療を行います。


脳内にはシナプスと呼ばれる伝達システムがあり、シナプスとシナプスの間(シナプス間隙)のセロトニンを増やすことが重要になります。


1

セロトニンを作る材料はトリプトファン(アミノ酸)+ビタミン+ミネラルです。

トリプトファンはタンパク質です。肉、魚、豆ですが、魚、豆を中心に食べると良いと思います。肉は、体を酸性にしますし、飼料には遺伝子組み換えも含まれています。


ビタミン、ミネラルは野菜です。


2.

セロトニンの受容体は脂質です。

良質な脂質ω3系を取りましょう。

EPA,DHA,亜麻仁オイル


結論 魚、豆、野菜を沢山食べる、EPA,DHA,亜麻仁オイルと摂取する


3.

太陽の日を浴びる

太陽の日を浴びることにより体内時計が性格となり、夜に眠気を誘うメラトニンを生成します(セロトニンは夜間にメラトニンへと変わります)


4.

単純運動、反復運動をする


散歩、ガムをかむ、


結論

なかなか運動ができない人は、バルコニーで太陽に浴びながらガムを食べる(ガムはアスパラテームが入っていないもの、アスパラテームの発癌性は高いです)



5.漢方薬を服用して胃を丈夫にする


胃が丈夫でないとせっかく良い食事をしても吸収されません。

経験上、鬱の方は胃腸が弱いです。

改善しましょう


結論

漢方を服用して胃腸を丈夫にして、セロトニンをたくさん作る


これらをまずはお試しください。





Comments


bottom of page