top of page
  • 亜希 Bucher

子宮頸部異形成を東洋医学で治療する 



ここ数年、婦人科検診が広く普及し「子宮頸部異形成」が発見され不安を感じている方も多いと思います。


異形成は癌ではありませんが、癌になる手前の細胞です。



西洋医学的治療・・治療法がなく手術をする

軽度や中等度異形成の場合は、直ちに治療するのではなく経過観察することが多いです。その理由は、自然治癒(消退)することがあるからです。

一方、高度異形成・上皮内がんや、長期に渡って遷延する場合では、手術を行います。代表的な手術として、子宮頸部円錐切除術と呼ばれる方法があり、妊娠しには影響しないとされています。



東洋医学的治療・・癌は東洋医学では瘀血になります。瘀血の原因は、ストレス、血虚、気滞、冷えなどが考えられます。これらの体内状態では低酸素、低体温、高血糖となり癌が好む環境につながります。癌になりやすい体内環境を改善します。



まとめ


西洋医学的治療は、経過観察と手術


東洋医学的治療は、癌になりやすい体内環境を改善


再発予防のためにも体内環境を整えることが重要です。



bottom of page