更年期、鬱、生きずらさ

更新日:6月30日







更年期、ドイツ語ではWechseljahre と言います。

「交換の年」と言う意味でしょうか。なんとストレートな表現で・・・・



70年前までは平均寿命は、50歳でした。閉経、生殖能力がなくなるのがも50歳。

これは自然界の摂理にかなっています。

しかし、現在の50歳の平均余命(50歳から何年生きられるかの平均値)は30年。

後30年生きなければならず、生きることができます。

これは人類史上初の大きな問題かもしれません。

今後の30年をどう生きるのか。



50歳までの人生は、人それぞれです。

仕事を一生懸命した人、育児に没頭した人、結婚した人、結婚しなかった人、子供を産んだ人、子供を産まなかった人。


理想とされるのは、

仕事もできて、結婚もして、子供も産んで、でしょうか?

こういう人を見て羨ましいと思う方もいると思います。


けど、理想なんてないんです。理想とか常識というのは作られたものなのです。

あなた自身の理想と常識で良いのです。

誰かに比較される事ではありませんし、他人と比較する必要がそもそもありません。


文字にすると難しくて、伝わらないと思うのですが。


私の患者さんを見ていて、また自分自身にも言いたいのですが。

「人生一度きりだから、楽しもう」という考え方。

とても素敵だと思います。

けど、人生は楽しくないといけませんか?


あなたの人生を歩んでください💗

他人から非難さた人生でも、他人から面白くないと思われた人生でも、あなたの人生を歩んでください。


最近、更年期、鬱の患者さんが多いので書いてみました🤗


人生って意外と短いですね!












閲覧数:0回0件のコメント