top of page
  • 亜希 Bucher

コレを食べないで花粉症を軽減、治す!




以前は、漢方薬と花粉症について書きましたが、今回は花粉症と食事の関係です。

とても重要な内容です

血は食事からできている、健康の基本は食事です。


特にアレルギー疾患に関してはご本人様の自覚が必要で、食事療法は必要だと思います。



花粉症が増えてきたのは1970年代からです。

その頃から、日本の食卓に不健康な植物性油が使われるようになりました。

マーガリン、サラダ油、菜種油、パームオイルなど

油については以前、オリーブオイルの所で詳しく書きましたのでご参考にしてください。


1.

まず第一に気をつけるのは油です。

リノール酸の過剰摂取は炎症を助長させます。

よって、まず油を熱に強いオリーブオイル、ごま油、バターに変えてください。

バターは体に悪いのでは?と考える方も多いと思いますが、奥山治美先生著書の実験の中でバター、ラードはリノール酸は殆ど含まれておらず、発癌率もとても低いです(がん発生ラットで100匹中、30匹癌を発症。3番目に低い値)



2.

小麦粉(グルテン)、乳製品(カゼイン)は食べない

(最低1ヶ月、変化を試してみてください)

この2つはリーキーガット症候群を引き起こすと考えられています。

リーキーガット症候群とは腸の細胞同士に隙間が開き、本来吸収されない物質がその隙間を通り吸収されてしまうために、体に炎症、アレルギー反応が引き起こされます。


3.

白い砂糖は食べない(害しかありません)

黒砂糖はOKです。奄美大島の実験では黒砂糖を食べて群の方が、血圧、糖尿、などの生活習慣病予防効果がありました。



ここに書いたのは基本中の基本です笑。

楽しみながら試みてください❤️








Comments


bottom of page