不妊症、婦人科疾患

Schwangere Frau

不妊症、婦人科疾患のお灸と漢方薬

東洋医学では、不妊症、PMS、生理不順、生理痛、子宮筋腫、更年期障害、などの婦人科疾患は冷えが引き金となり、於血を生じるからだと考えられています。於血とは『血が汚れている』という事です。この『於血』は婦人科疾患にとどまらず、いろいろな病気をひきおこします。そしてお灸、漢方は、根本原因である冷えを取り、血をきれいにし、病気を治していきます。不妊症による対する科学的治療、生理不順や更年期障害に対するピル、生理痛に対する痛め止め、子宮筋腫による手術、などをする前にまず東洋医学を試してみることをお勧めします。