漢方薬と西洋医学の違い

Gewürze

西洋医学との違い

漢方薬とは、複数の天然の生薬を組み合わせて作られた、いわば『複合薬』なので、その処方の中には多くの成分が含まれます。それため一つの処方で色々な症状に対応出来ます。また、複数を組合せることで薬効の増強や副作用の緩和が図られています。

 

一方、西洋薬は、単一の成分を抜き出し化学合成により作られているので、一つの薬で一つの症状にしか効きません。部分的に強い薬効が期待できる半面、薬理作用が強く出過ぎる場合もありす。

 

また東洋医学には「未病(みびょう)」という考え方があります。未病とは病気になる前の不快な症状のことです。検査をしても異常はないが、「疲労倦怠感が長く続いている」「やる気がしない」など、自覚症状はあるのに原因がわからない症状に対して治療を行うことができます。