皮膚疾患、アトピー、ニキビなど

アトピー性皮膚炎

 

最近、アトピーの方が増えてきましたね。

原因は、ストレス、食事、添加物、生活習慣などいろいろあると思います。

アトピーは大きく分けて2つのタイプがあります。

乾燥して痒いタイプ・・・このタイプの患者さんの多くが血虚を伴っています。血虚が元にあって痒みを体に引き起こしています。まずそこを治します。痒みを止める漢方薬、痒みの基となる原因を治す漢方薬、2剤を処方するケースがとても多いです。

ジュクジュクして痒いタイプ・・・水分調整をし、熱をとる漢方薬を服用

​ニキビ

若い頃は、ニキビがよく出ましたよね。

若者の象徴かもしれませんが、気になる方は漢方薬、お灸がお勧めです。

ざっと考えてもニキぎの漢方薬は5種類ほどあります。症状を伺いながら、体にあった漢方薬を処方します。

西洋医学ではニキビに、特別な化粧水、洗顔料、化学的な治療が行われますが・・・治りますか?

治るならそれで良いと思うのですが、痕が残ったり、再発したりと・・・

もちろん、漢方薬でも再発はありますが・・漢方薬は体にさやしいですよ

帯状疱疹

帯状疱疹は、誰もが持っている水疱瘡ウイルスが原因です。

免疫力の低下によって増殖し神経に沿って、水泡、痛みを生じます。

最近ではコロナワクチンによる免疫力低下で帯状疱疹になっている方も多いです。

お灸、漢方薬は免疫力を上げる作用があるので、帯状疱疹の予防と治療療法に効果があります。

バルトレックスという薬もよく効きます。もし帯状疱疹になったら皮膚科に行くこともお勧めします。

酒さ

酒さの特徴は赤ら顔です。

軽症の場合は、漢方薬だけでも効果があります。証に合わせた治療を主ないます。

再発防止のために根本治療も行います

その他の皮膚疾患

お灸、漢方薬では色々な皮膚疾患に対応しいます。

ここでは、代表的なアトピー、ニキビを書きましたが、西洋医学の治療に疑問を持っていたり、効果が無かった時など、どのような疾患でも構わないので、お気軽にご相談ください。

基本的な治療理念として、身体の内部も治療をするので、良くなっていくと思います。