​自己免疫疾患

自己免疫疾患の原因

慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、甲状腺機能亢進症、ベーチェット病、皮膚硬化症、シェーグレン病、皮膚筋炎など全ての自己免疫疾患の一番の原因は「頑張りすぎ、無理をしすぎ、ストイックすぎ、日焼け」による免疫力低下です。​

強いストレスを受けるとリンパ球は低下します。

 

ここからは専門用語が出て難しくなりますが、どうかお付き合いください。

尊敬する安保徹先生の説となります。

免疫には大きく分けて、2つのグループがあります

 

古い免疫系・・顆粒球ーNK,胸腺外分泌T細胞

       組織障害、化膿性炎症、自己免疫疾患に関与

新しい免疫系・・通常T細胞ー通常B細胞

       カタール性炎症、フレグモーネ性炎症、アレルギー炎症

自己免疫疾患の患者さんは、この新しい免疫系が弱まり、古い免疫系が過剰反応しているのです。

​現代の医学では、ステロイド、免疫抑制剤が使われますが、これらは新しい免疫系に働く薬です。

弱っているTcellをもっと弱くします。

このような薬では、一時的には効果があるかもしれませんが、治癒はしません。

そういう治療より、お灸、漢方薬、食事療法で顆粒球が過剰な状態、要するに交感神経が優位の状態から、副交感神経と並行になるように、体を整えていきます。

そしてもう一つ大切なことは、

ご本人様の性格、考え方、生き方を変えること。完璧主義はダメです。見栄を張るのもダメです。

健康の秘訣は「まあいっか、なんとかなる、大丈夫大丈夫」です。ある意味チャランポランも必要です。

もし病院で痛み止め、ステロイドが処方されたら、「私には治せない」と言っているのと同じです。

飲む必要はなく、私のところに来てください。