自然

人は自然から遠ざかるほど病気に近づく

ヒポクラテス

aki 顔.jpeg

亜希 ブッハル

薬剤師 鍼灸あん摩マッサージ指圧師

北海道札幌市出身
昭和大学薬学部生物薬学科卒業
東洋鍼灸専門学校鍼灸あん摩マッサージ指圧科卒業
薬剤師、鍼灸、あん摩、マッサージ、指圧師

3年間ヤンセンファーマ(ジョンソン&ジョンソンに勤務)
 

小児科を中心に循環器内科、内分泌内科、皮膚科、整形外科、
精神科、産婦人科、泌尿器科、漢方などほとんどの科の薬を学ぶ。
東洋医学での治療に興味を持ち、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の免許取得

はじめまして

私の実家は札幌で40年前から無添加無農薬の店「むつみ屋」を営んでいるので、幼少期の頃から、「食の大切さ」「無添加無農薬の大切さ」を聞いてきました。普通のスーパーにはあまり行ったことがなく、野菜、魚、肉、米、調味料、化粧品、あるとあらゆるものが、無添加、無農薬で育ちました。​また体調が悪ければ、普通の病院には行かず、鍼灸治療院か漢方薬で治してきました。私には普通の事だったのですが、多分これは、特殊?な環境だったと思います。

こんな私が薬剤師になり、大学で薬理や生理学を学ぶ中で、矛盾に2つ気づきました。

一つは、西洋薬は生理学で学んだ体にとって良い反応を妨げているということです。申し訳ないのですが、西洋薬は「病気を治す」というよりは、「病気を隠す」「とりあえず今の症状を和らげる」と言った対症療法が主です。

もう一つ気づいたことは、体が起こす反応、例えば発熱、痛み、高血圧、などは全て意味のある反応であって、むやみに抑えてはいけないということです。

では東洋医学はというと、私たちも自然の仲間と考えた時、病気を自然現象に当てはめ、病気の原因は何かという事を追求した学問です。それが弁証論であり、対症療法ではありません。(各症状のページに、弁証論を論じていますのでご参考に)

​​

私の治療目標は、身体と心の健康を取り戻すことです。

不調の原因を考え、治療をします。

また心の幸福度も重要だと考えてます。

​食事療法、生活習慣、スポーツ、メンタルなど総合的にサポートしています。

皆様のご健康のお役に立てれば、嬉しいです。

医道の日本.jpeg

医療雑誌「医道の日本」で「海外で活躍する鍼灸師」として紹介されました。