1/4

体質改善、免疫力アップ

お灸が効く秘訣!           

1、自律神経のバランスを整える       2、免疫力アップ           

3、痛み炎症をやわらげる      

漢方薬のチカラ

1、一つの漢方薬で多種の効果         2、体質改善ができる

3、副作用が少ない

 

お灸とは?

 

皮膚の上にもぐさを置き燃やし、その温熱効果で体に刺激をあたえる治療です。

お灸の歴史は大変古く、その起源は人類が火を使い始めた旧石器時代にさかのぼりす。

昔は子供を強くしかるときに『お灸をすえる』と言っていましたが、それは一昔前の話で、現在は熱くなったら取る無痕灸が主流です。無痕灸は米粒~半米粒大のもぐさを皮膚の上に直接おき、チクリとする程度の熱さを感じたらとるやり方です。これですと、跡はほとんど残らず、心地よい暖かさで自律神経に響かせます。

体を温めることは女性にとって大切なことです。

お灸の5つの秘訣

 

◎ホルモン、免疫力アップ

自律神経の乱れを整えホルモンと免疫機構に作用し体のバランスを整えます。

    

◎痛み、炎症をとる 

お灸の温かさは、白血球、リンパ球といった免疫系に働く成分をドッと増やし全身に流します。結果、痛みと炎症をとります。

 

赤血球を増やす

血行が良くなり、体に十分な酸素を運んでくれます。お灸の後は体がシャッキっとしす。

 

デトックス効果

血行の流れが良くなることは、新陳代謝もよくなり老廃物の排出を促進します。

◎幸せな気分になります

心を落ち着かせるセロトニンが脳内で増加します。

 

もぐさの原料はヨモギです

 

よい温感

ヨモギに含まれる精油成分のおかげで燃焼温度が低く心地よい温かさになります。

 

心地よい香り

ヨモギ、ローズマリーなどに含まれる香の成分、チネオールによりリラックス効果が期待できます。

 

 

お灸の種類をお選びできます。

知熱灸

米粒か半米粒の灸で熱くなると取ります。チクリと感じる熱さでその程度の跡が残るこ とがあります

 

◎間接灸

生姜、ニンニクなどを置き皮膚に直接お灸をしないので、心地よい暖かさで跡が残りません。

 

 

漢方のチカラ

 

多数の有効成分を含んだ生薬が協力し合い一剤でいろいろな症状に効果を発揮します。

副作用がほとんどありません。

自律神経に作用し、ホルモン、免疫機構に作用し、体の持っている本来の治るチカラをアップします。

漢方薬の有効成分が科学的にも効果があると証明されてきています。

治療の流れ

問診、脈診、舌診、腹診を行い、総合的に判断します。

初回は時間短縮のため、あらかじめこちらから問診票をお送りします。

そちらにご記入後、返信して下さい。

ご協力お願いします。

肘、膝 までまくり上げれるような服装をご用意ください。

適応疾患

一部ですが、適応疾患名を記載します。

東洋医学は病名のつかない症状も得意としていますので、どんなことでもどうぞご相談下さい。

 

神経痛、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠

関節炎、頸肩腕症候群、腰痛、腱鞘炎,高血圧、低血圧、動悸咳、気管支喘息、風邪および予防胃の病気、腸の病気、膀胱炎、尿道炎、頻尿、眼精疲労、耳鳴り、難聴、口内炎、

皮膚炎、アトピー、蕁麻疹、ニキビ、面疔、ヘルペス、薄毛夜泣き、疳の虫、夜驚、虚弱体質の改善更年期障害、乳腺炎、乳汁分泌不全、つわり、不妊症、逆子、子宮筋腫、月経異常、冷え性

☆妊娠を希望し顕微鏡受精を受ける方は、3か月前に来院していただくと妊娠率に良い効果が期待できます

健康な方でも免疫力アップのために、月1回程度のお灸をお勧めします

Opening Hours

月 8:30-11:30  13:30-15:30 

火  休

水 8:30-11:30  13:30-15:30

木 8:30-11:30 13:30-15:30 

金  休

土 9:00-12:00 

これ以外の時間でも治療はできます。

ご相談下さい

よもぎ堂

Winterthurerstrasse 2

8610 Uster

連絡先 077 443 5991

メール yomogiswiss(at)gmx.ch